日米の高校生が国際交流

アメリカからやってきた高校生たちが浦添市の高校生と国際交流です。

外務省の国際交流事業「カケハシプロジェクト」で沖縄を訪れているのはモンタナ州ボーズマン高校の生徒達です。

17日に浦添高校で開かれた歓迎会では、沖縄の生徒が空手などを披露するなど互いの文化交流を行ないました。

ボーズマン高校の生徒は「みんなが今日を楽しみにしてきました。互いの文化を尊重し合うことが、違う文化をもつ国同士が理解し合い、世界をひとつにする鍵であると信じています」と話していました。

高校生たちは、きょう1日授業を通して交流を深めます。