10 / 22« 先頭...91011...20...最後 »

2015年11月18日

沖縄トヨタ自動車に環境大臣賞

エコドライブへの取り組みを積極的に実施している団体の活動を評価する全国コンテストで、県内の企業が環境大臣賞を受賞しました。エコドライブ活動コンクールは、全国でエコドライブに取り組んでいる団体の活動を評価するもので、2015年で5回目の開催です。 ...続きを見る

サンタさんからの手紙 子どもたちとの往復書簡展示

子どもたちとサンタクロースがやり取りした手紙が、18日から那覇中央郵便局で展示されています。これは、日本・フィンランドサンタクロース協会が主催する「サンタさんからの手紙」という取り組みで、フィンランドに住むサンタクロースから手紙をもらうことができるもの...続きを見る

辺野古沖 県調査 サンゴ礁破壊「判断できず」

辺野古への新基地建設をめぐり、県は17日、県の潜水調査の結果を公表し、サンゴ礁の破壊は「判断できない」と結論付けました。 県は2015年8月から9月にかけて、投入されたコンクリートブロックによりサンゴ礁が破壊されている可能性があるとして、辺野古沖...続きを見る

奨学金ホットライン

奨学金の返済に関する悩みを弁護士に無料で相談できる「奨学金ホットライン」が実施されています。「奨学金ホットライン」は日本弁護士連合会が全国一斉に行っているものです。 相談には弁護士が無料で対応し、奨学金の返済に関する救済制度を案内したり、訴訟への...続きを見る

2015年11月17日

戦後70年 遠ざかる記憶 近づく足音 伊江島にあった慰安所が問うもの

シリーズ戦後70年です。戦時中、日本兵たちのストレス解消や、戦意を高めるためなどとして、日本の植民地の女性たちに性の相手をさせた、日本軍の「慰安婦」制度。沖縄戦の最中、県内にも「慰安所」が数多く設置されていたことをご存知でしょうか。70年前、伊江島にあった慰安...続きを見る

記者解説 国と県の争いは法廷の場へ

ここからは取材にあたっている野島記者です。とうとう国と県との争いが法廷に移るということですが今回、国が提訴したポイントを教えてもらえますか? 野島記者「はい。国側はきょう提出した訴状の中で、訴えに踏み切った理由を次のように説明しています。まず承認を取...続きを見る

辺野古の埋め立て承認をめぐり国が県を提訴

11月17日、国がついに県を訴えました。 辺野古に新しい基地を造るための埋め立て承認を翁長知事が取り消したのは違法だとして、国は、県の代わりにこの処分を取り下げる代執行に向け県を提訴しました。 国による提訴は、翁長知事が取り消し処分取り下げの勧...続きを見る

那覇軍港移設、浦添市が非公式に別案を提示

那覇港管理組合の11月定例会が11月17日に開かれ、那覇軍港の受け入れを表明している浦添市が、非公式に新たな案を提示していることが明らかになりました。 定例会では、那覇軍港の移設先となる浦添ふ頭地区の整備計画について質問が相次ぎました。この中で、那覇...続きを見る

沖縄県TPP農業対策本部設置

10月、国がTPPの大筋合意したことを受けて、11月17日県と農業関係団体が対策本部を設置しました。対策本部は、県独自のTPP対策を打ち出すべきだとして農業協同組合など14の農業関係団体で設置したものです。 新崎弘光本部長は「国は対策を出すとしている...続きを見る

さわやかパネル展を開催

障害者の就職により理解を持ってもらおうと奮闘ぶりを写した写真展が11月16日から開かれています。 就職活動の面接練習に取り組む姿やスーパーの棚に商品を並べ実習訓練に励む様子。 これは障害者の社会進出についてより理解を深め採用に繋げてもらおうと障...続きを見る


10 / 22« 先頭...91011...20...最後 »

qablog-mono.pngCopyright © QAB. Ryukyu Asahi Broadcasting Corporation. All rights reserved.
  No reproduction or republication without written permission.