2013年5月1日 18時42分

慶良間沖に珍客 およそ100頭!イルカの群れ

News Photo

4月30日、パトロール中の海上保安庁のヘリコプターが、慶良間諸島周辺を泳いでいるおよそ100頭のイルカの群れを撮影しました。

撮影されたのは、渡嘉敷島の南およそ40キロの海上を東南東に向かって泳ぐおよそ100頭のイルカの群れ。第11管区海上保安本部では体長2メートルほどの子どものイルカもいたと話しています。

海洋博公園・動物管理チームの徳武浩司さんによりますと、撮影されたイルカは、くちばしや背びれの特徴から南方系で外洋性の「サラワクイルカ」の可能性が高いということです。

「サラワクイルカ」は沖縄近海では、久米島周辺などで過去に4回ほど確認されている程度で詳しい生態はわかっていませんが、「エサなどを求め複数の群れが集まった可能性もある」ということです。

qablog-mono.pngCopyright © QAB. Ryukyu Asahi Broadcasting Corporation. All rights reserved.
  No reproduction or republication without written permission.