2012年7月12日

東村高江 「建設止めて」住民ら警戒続く

10日からアメリカ軍のヘリパッドの工事が再開された東村高江では、住民らによる24時間体制の座り込みが続いています。 10日夕方、住民に座り込みをさせないよう防衛局の職員が軽トラック三台を置いて帰りましたが、トラックの周りには12日、全国の支援者か...続きを見る

格差解消・貧困問題考える 「反貧困キャラバン」スタート

生活格差是正など、貧困問題の解消を訴える全国キャラバンの出発集会が12日に那覇市で開かれました。 キャラバンは全国青年司法書士協議会など、反貧困を訴えている各団体の呼びかけで実施。北海道と沖縄からスタートし、2012年10月に東京のゴールを目指し...続きを見る

〝ガマフヤー〟国に要請 「遺族のDNA鑑定を」

厚生労働省は、2012年に八重瀬町で見つかった遺骨と遺族の可能性がある人たちのDNA鑑定を国として実施することを伝えました。 これは12日に厚生労働省を訪れた遺骨収集ボランティア・ガマフヤーの具志堅隆松代表の要請に対して回答したものです。 ...続きを見る

「南城市大里」の野菜をアピール! 「マンゴー・野菜祭り」開催

オクラやマンゴーの拠点産地に指定されている南城市の新鮮な農産物を集めたイベントが、21日と22日に開かれます。 JAおきなわ大里支店がひらく「マンゴー野菜まつり」。支店内およそ120の農家がつくる自慢の野菜などが展示即売されます。 12日に...続きを見る

「怖い」を科学する

お化け屋敷を使って、様々な怪奇現象や人が「怖い」と感じる感情の仕組みを学べるイベントが13日から那覇市で始まります。 儀間記者「怪奇現象を科学で解明できるとは、幽霊を信じている私には少し考えにくいんですが、とりあえず体験したいと思います」 ...続きを見る

職人が守る伝統 高校生が芭蕉布作りに挑戦

国の重要無形文化財に指定されている沖縄の伝統的な織物芭蕉布作りに首里高校の生徒たちが挑戦しました。芭蕉布作りに挑戦したのは首里高校染織デザイン科の1年生40人です。 大宜味村の喜如嘉芭蕉布事業協同組合の平良美恵子理事長らが指導する中、芭蕉の皮から...続きを見る

軍転協が防衛省へ オスプレイ配備中止を要請

県と基地を抱える27の市町村でつくる軍転協は12日、オスプレイの普天間基地への配備計画見直しをアメリカ政府に求めるよう、森本防衛大臣に要請しました。 防衛省を訪れた軍転協のメンバーは、オスプレイが4月から2度も事故を起こしていることなどを...続きを見る

久高島沖 タンカーと漁船が衝突

11日午前、久高島沖でタンカーと漁船が衝突する事故が発生しました。漁船は一部破損しましたが、乗っていた船長にけがはありません。 中城海上保安部によりますと、11日午前6時過ぎ、久高島の東およそ28キロの領海内で、沖縄市漁業協同組合所属の漁船が...続きを見る

県議会 「がん対策条例」19日可決へ

「がん対策推進条例」について県議会の文教厚生委員会で11日に審議があり、条例は19日の本会議で可決される見通しとなりました。 「がん対策推進条例」について県は当初、2月議会で提案して条例化する予定でしたが、条例文などについて患者会などの意...続きを見る


qablog-mono.pngCopyright © QAB. Ryukyu Asahi Broadcasting Corporation. All rights reserved.
  No reproduction or republication without written permission.