1 / 22123...1020...最後 »

2011年9月30日

中川文部科学大臣 教科書採択 最終的には文科省が

混迷が続き、いまだ出口が見えない八重山地区の教科書採択問題。文部科学省の中川正春大臣は、9月30日の会見で、最終的には文部科学省が対応に乗り出す考えを示しました。 八重山地区の中学校の「公民」の教科書を巡っては、各地区の教育委員会が採...続きを見る

緊急雇用創出事業 来月から遺骨収集作業がスタート

県内で2度目の取り組みです。雇用対策の一環としての遺骨収集作業が、沖縄戦当時激戦地だった与那原町の運玉森で10月から始まります。 9月30日、与那原町の作業現場で行われた安全祈願祭には、事業主体の与那原町や、事業を運営する...続きを見る

樽井沖縄担当大使離任 日米地位協定の改定に理解示す

外務省沖縄事務所の樽井澄夫沖縄担当大使が離任することになり、9月30日、県庁に仲井真知事を訪ねました。 樽井大使は、特命全権大使として2年4カ月間、アメリカ軍との調整役などを務めてきました。在任中、日米地位協定の改定について、...続きを見る

ぐしかわ看護専門学校 看護師めざし宣誓式で決意

本格的な看護実習を前に9月30日、うるま市の看護学校で宣誓式が行われ、看護師の卵たちが誓いを新たにしました。 宣誓式は看護師を志す学生が1年半の基礎科目を学び終え、医療機関での実習を前に看護師への使命を新たに誓うものです。...続きを見る

市町村担当者説明会 ウチナーンチュ大会盛り上げを確認

12日後に迫った第5回世界のウチナーンチュ大会に向けて、歓迎ムードを盛り上げようと、市町村の担当者を集めた説明会が、9月30日県庁で開かれました。 各市町村の担当者およそ50人が集まった説明会では、はじめに大会のイベントスケジ...続きを見る

県内企業 オニヒトデ駆除ボランティアに寄付

サンゴの保全活動に役立ててもらおうと、9月30日、県内企業がオニヒトデなどの駆除ボランティアを行う団体に、およそ26万円を寄付しました。寄付を行ったのは、沖縄ファミリーマートです。 沖縄ファミリーマートは2003年から毎年、オリジナル泡盛...続きを見る

教科書検定県民大会から4年 集団自決の軍関与記述回復訴え

高校の歴史教科書から集団自決に対する日本軍関与の記述が削除されたことに抗議する県民大会から4年となった、きのう9月29日、教科書問題について考える集会が那覇市で開かれました。 主催者発表でおよそ11万人が集まった4年前の県民大会の決議では、文科省...続きを見る

沖縄電力 津波想定し仮設変電所設置訓練

大規模な地震や津波が発生し、変電所が被害を受けたことを想定した訓練が29日に沖縄電力で行われました。 この訓練は、久米島の北の沖合いで発生したマグニチュード7.8、震度5強の地震で、浦添市内の変電所に津波が押し寄せ停止したことを想定して行われまし...続きを見る

2011年9月29日

嘉手納町議会 相次ぐトラブルに抗議決議

傲慢と怠慢だと、嘉手納町が相次ぐトラブルに怒り心頭です。 9月、嘉手納基地所属の航空機などのトラブルが相次いでいることを受け、29日、嘉手納町議会はトラブルの原因究明や再発防止策の公表を求める意見書と抗議決議を全会一致で可決しました。 田仲...続きを見る

沖縄密約めぐる情報公開訴訟 控訴審は原告側敗訴

沖縄返還の際に日米が交わした密約文書を巡る情報公開訴訟の控訴審で、東京高裁は29日、文書の開示を国に命じた一審の判決を取り消し、原告の訴えを退ける逆転判決を言い渡しました。 この裁判は1972年の沖縄返還の際、アメリカが負担することになっていた軍...続きを見る


1 / 22123...1020...最後 »

qablog-mono.pngCopyright © QAB. Ryukyu Asahi Broadcasting Corporation. All rights reserved.
  No reproduction or republication without written permission.