2011年8月15日

Theスポーツ 県高校野球新人大会 シード権かけ浦商と美里が衝突

糸満高校の初戦敗退で沖縄の夏が終わった高校野球。しかし秋に向けた戦いはすでに始まっています。秋季大会のシード権をかけた県高校野球新人大会はおととい決勝戦が行われました。 2年連続決勝進出を果たした浦商は夏のエース・宮里泰悠が先発。 一方、準決勝では...続きを見る

八重山地区教科書採択問題 諸団体が選定のあり方を批判

8月15日は終戦の日ですが、八重山地区では歴史教科書の採択問題で揺れています。 八重山地区では来年度から中学校で使用する教科書の選定を巡る問題が起きています。2007年9月29日に沖縄戦の記述を削除した教科書検定の撤回を求める県民大会を開催した団...続きを見る

沖国大へのヘリ墜落から7年 墜落事故を語り継ぐ若者たち

沖縄国際大学にアメリカ軍のヘリコプターが墜落した事故から8月13日で7年となり、大学では様々なイベントが企画されました。この事故の風化が早くも心配される中、今年は「若い人たちにどう語り継いでいくか」がテーマになったようです。 アメリカ軍基地によ...続きを見る

放射性セシウム含有腐葉土 県内の高校2校で使用

県内の高校2校で放射性セシウムを含む可能性のある腐葉土が使用されていたことが、8月15日に開かれた県の危機管理対策本部会議で明らかになりました。 8月15日の県危機管理対策本部会議では、那覇西高校と那覇工業高校の2校が自粛対象の腐葉土を30袋購入...続きを見る

教員初任者研修356人が受講

2011年度に採用された教師の初任者研修が8月15日、県庁で開かれました。初任者研修には県内の小学校と中学校の教師356人が参加しました。 この中で狩俣智・県義務教育課長は、万引きや喫煙などで荒れていた学校に赴任した頃を振り返り「教師全員で生徒一...続きを見る

オリオンビール デザイン缶でウチナーンチュ大会をPR

2011年10月に開催される世界のウチナーンチュ大会に合わせ、県内のビール会社が8月15日に記者会見し、大会記念用のデザイン缶を発表しました。 県庁に仲井真知事を訪ねたオリオンビールの嘉手苅義男社長らが、世界のウチナーンチュ大会を盛り上げようと制...続きを見る

高校生らアメリカへ 海外の県人と交流へ

海外に住む県人の家庭にホームステイして交流を深めようと県内の高校生らが15日、那覇空港を出発しました。 このホームステイは、県内の若者と海外の県人との交流を目的に県が4年前から行っているものです。今回は県内の高校生から専門学校生ま...続きを見る

ウークイの夜 各地でエイサー

14日は旧盆のウークイでした。県内各地でエイサーのにぎやかな音が夜遅くまで響き先祖を送りました。 エイサーの街沖縄市では夜8時ごろから青年会の道ジュネーが始まりサンシンや太鼓の音が響きました。旗頭を先頭に男性は大小の太鼓の...続きを見る


qablog-mono.pngCopyright © QAB. Ryukyu Asahi Broadcasting Corporation. All rights reserved.
  No reproduction or republication without written permission.