2009年12月4日

学校Walker 息子を亡くした母の「命の授業」

犯罪被害にあったつらさ、悲しさ、悔しさ、怒りは息子しか語れないんじゃないかと思います。でもこの子はもう二度と語ることはできません。中学生を対象にした「命の授業」。2年前から、県内16の中学や高校で実施されています。この日、生徒たちの前に立ったのは集団リンチで息...続きを見る

日米作業部会 年内決着断念を伝達

連日お伝えしている普天間基地の移設問題は政局とも絡んで複雑さを増していますが、全国の問題として捉えられつつあります。日米両政府は4日、普天間基地の移設問題について2回目となる閣僚級の会合を開きました。 午後、外務省で開かれた会合には日本側から岡田外...続きを見る

法務局が緊急アピール

うるま市での集団暴行事件を受け、那覇地方法務局は4日、命の大切さなどを訴える緊急アピールを表明しました。 アピールでは永井行雄局長が「今後このような不幸な事件が二度と発生しないよう、県民一人一人が命の重さや大切さということを今一度考えていく必要があ...続きを見る

日韓の華麗な戦い開幕

沖縄に日韓の精鋭が集まりました。女子ゴルフの日韓対抗戦京楽日韓女子ゴルフが開幕し、初日から熱戦を展開。スーパーショットも飛び出しました。 沖縄で初めての開催となった大会には、日韓のスター選手24人が集結、県勢からは宮里藍や諸見里しのぶ、上原彩子が出場し、...続きを見る

無事故の年末 明るい正月

年末に入り、追い込みの作業が増える建設現場で、安全第一を徹底してもらおうと、那覇労働基準監督署などが安全パトロールを実施しました。 那覇市牧志の再開発地区の建設中のマンションでは、現場監督が危険な足場には二重に手すりを設置し、命綱をつけて作業し...続きを見る

子ども達の就業体験

那覇市銘苅小学校の6年生が塩を販売する就業体験に挑戦。その売上げでミャンマーに井戸を作るという国際貢献に取り組みました。 子どもたちは大勢のお客の前でエイサーや寸劇を披露し、いよいよ販売開始。用意した塩200袋は子どもたちの元気な声で快調に売れ...続きを見る

鳩山総理 辺野古以外の検討を指示

普天間基地の移設問題について鳩山総理は、年内の決着を断念し、現行案の辺野古以外の候補地も検討する姿勢を明確にしました。鳩山総理は、4日朝、「前から申し上げているが辺野古しかないのかと岡田大臣は嘉手納案を出している。そういうのも含めて他の地域はないかと...続きを見る

仲井真知事 名護市長選結果によって協議に影響

仲井真知事は、名護市長選挙で反対派の候補者が勝てば、辺野古案は困難と発言したことについて、もし政府から辺野古案が出れば移設協議に影響を及ぼすと考えから発言したことを明らかにしました。 これは県議会代表質問で、社大・結の瑞慶覧功議員が...続きを見る


qablog-mono.pngCopyright © QAB. Ryukyu Asahi Broadcasting Corporation. All rights reserved.
  No reproduction or republication without written permission.