かわっての話題は県勢選手で唯一サッカー女子日本代表の「なでしこジャパン」を経験した髙良亮子(たから りょうこ)さんです。現役引退から4年あまり、新たなチャレンジを始めています。

Genius合同会社 髙良亮子代表「枚数が多い時はバンバン(インクを)出すがきょうは枚数が少ないので本当に刷る分」

熱心にTシャツづくりに励む、髙良亮子さん。サッカー女子日本代表、なでしこリーグや海外でもプレーしました。

21年12月3日OA Genius合同会社 髙良亮子代表「”ピッ”て言ったらすぐシュート打ってよ!ナイス!!」

現在は地元沖縄で会社を立ち上げサッカースクールや子どもたちにスポーツの楽しさを知ってもらう活動を行っています。さらに県内女子サッカーチームのディレクターや女子選手のセカンドキャリア支援にも取り組んでいます。

元なでしこ髙良亮子さん 沖縄を元気にする挑戦!!

その一方で髙良さんが代表を努める会社では、作ってみたら楽しかったと語るTシャツの製造販売も手掛けています。

Genius合同会社 髙良亮子代表「もともと好奇心が旺盛なタイプだと思っている。いろいろなことに興味があったというのは一つだと思う」

そしてさらに、現在力を入れている事業がもう一つあります。沖縄のさまざまな土産品を販売するサイトGmart(ジーマート)の運営です。

Genius合同会社 髙良亮子代表「沖縄は(主要産業は)観光。兄がもともと観光業界にいるし話をする中で、いろいろなところで誰かが営業してくれたら面白いよね、どこでも土産が買えたら面白いよねみたいな」

観光ハイシーズンの夏。旅行者は増えていますが新型コロナの感染拡大にともない土産品業界も苦戦がつづいています。

沖縄総合貿易 上原昇悟 常務取締役「現状で言うと売り上げの部分では(コロナ禍前の)半分も戻ってきていない状況」

手軽に土産品が買えないかと考えられたのがGmart。特徴の一つは、サイトにアクセスするQRコードのポップを観光客の目に留まりやすい場所に設置していること。

元なでしこ髙良亮子さん 沖縄を元気にする挑戦!!

Genius合同会社 小崎夏純さん「(ポップ設置は)レンタカーやホテルの客室であるとかダイビングショップ・飲食店に現在5000か所以上、こちらで顧客が(土産品を)購入したら売り上げのパーセンテージを(設置店に)バックするという形で案内」

手間はポップを置くだけ。設置しているホテルでは

STAY沖縄株式会社 江信華代表取締役「導入に当たってホテル側の負担は一切ない。売れたらホテル側にも利益があるというのはメリットしかないと思っているので導入を決定した」

宿泊客T「土産を買おうと思っても荷物が重くなると敬遠しがちになる。荷物が増えないとか発送してもらえるという部分は便利だと思う」

Gmartでは土産品の卸業者と提携し全国どこでも一律の料金で購入された商品を発送まで手掛けます。その分利益は薄くなりますがクーポンサービスを充実させサイトの利用者を増やすことで賄おうとしています。

沖縄の土産品を手軽に買い求めてもらい土産品店や製造業者、ポップの設置協力店の利益にもなる。髙良さんは関わる人たちみんなのプラスになるこれまでに無かった仕組み作りをしています。

元なでしこ髙良亮子さん 沖縄を元気にする挑戦!!

Genius合同会社 髙良亮子代表「楽しい場所として来てもらうにはみんなで盛り上げていかないといけないというのもあるし、毎日のようにいろいろな方に会っていろいろな情報をもらって、もちろんお叱りも受けながら自分のレベルは毎日上がっている(笑)」

笑顔でチャレンジを続ける髙良さん。新たなフィールドでも注目を浴びそうです。