沖縄戦の遺骨収集などに携わる団体が県に遺骨が混じる南部の土砂を辺野古新基地建設の埋め立てに使用させないよう求めました。

沖縄戦遺骨収集ボランティアガマフヤーの具志堅隆松さんやそれを支援する市民団体などが県庁を訪れ、辺野古新基地建設に遺骨が混じる南部の土砂を埋め立てに使わせてはいけないと訴えました。

ガマフヤー・具志堅隆松代表「県を超えて国から(設計変更の承認)が出るような事態になった時きに、遺骨の問題も含めて(埋め立て)計画が実行されるということですと、言われたくないんです」

辺野古新基地建設の軟弱地盤問題で具志堅さんは国が出した設計変更を県が不承認にする理由に戦没者の尊厳を守るという人道上の観点から南部土砂の問題を加えることを求めています。


南部土砂基地建設に使用させないよう沖縄県に要請