琉球王家御用達の味噌を使った料理の提供が23日から首里城で始まります。首里城公園内にあるレストラン首里杜では昔ながらの沖縄らしい食文化を味わってほしいと23日から新メニューの提供が始まりました。

花城桜子記者は「柔らかな味噌の味わいが、口いっぱいに広がっています」とリポートしました。

新メニューは、かつて琉球王国時代に王家御用達だった創業およそ170年の老舗「玉那覇味噌醤油」の「王朝みそ」を使った2品です。「王朝みそおぼろ豆腐セット」ではみそと削りたての鰹節をお湯で溶かして食べる「かちゅーゆ」を堪能でき、薬味やゆし豆腐を混ぜることで様々な味を楽しむことができます。

また、より多くの人に楽しんでもらおうとアレルギーの特定原材料7品目を除いたということです。

玉那覇味噌醤油玉那覇有紀代表は「首里城公園の場合は観光客、県外の方も大勢来ますので、そういう方にぜひ味わっていただきたいですね」と話していました。

レストラン首里杜ではこれからも地元の伝統ある企業と連携した取り組みを続けていきたいとしています。

王朝みそで新メニュー