議員の不適切な発言によって延期されていた県議会代表質問が9月21日から始まりました。

9月17日に始まる予定だった県議会9月定例会の代表質問は自民党の議員による県職員への不適切発言問題が明るみになったことで議会が空転し9月21日にずれ込んでいました。

代表質問が始まる前に自民党側は「不適切発言をした議員から話も聞かず議会に再発防止を講ずるとした公文書を提出したことは遺憾」と抗議しています。

午前中の議会ではアメリカ軍基地問題への対応や知事の政治姿勢についてなど論戦が展開されました。代表質問は9月22日までで県議会9月定例会は10月8日まで続きます。

沖縄 9月県議会 議員の不適切発言で延期の代表質問が始まる