県内の医療関係団体が新型コロナの影響で生活が困窮している人に医療費が軽減される制度の活用を呼びかけました。

経済的な理由で必要な医療を受けられない時に医療費の自己負担額を無料、または低額にする「無料・低額診療事業」という制度があり、沖縄民医連が積極的な活用を呼びかけています。

沖縄民医連・座波政美会長「この無料・低額診療に関してはこの何年間か、確実に広まっていると実感はしています。本当に困っている人がいたら(無料・低額低額診療を)ぜひ利用してほしい」

この制度による医療費の減額を実施している病院は県内に8カ所あり、沖縄民医連では「他の様々な支援についても案内できるためまずは相談をしてほしい」と呼びかけています。

※全8事業所(沖縄協同病院・とよみ生協病院・中部協同病院・那覇民主診療所・糸満協同診療所・首里協同クリニック・浦添協同クリニック・協同にじクリニック)

コロナで困窮 医療費の自己負担減額制度の利用を