県は12日、新型コロナウイルス対策本部会議を開き、ワクチンの接種を希望する県民の接種の完了時期を11月中とすることなどを盛り込んだワクチン接種の基本方針を発表する予定です。

新型コロナウイルスの感染者が11日、過去2番目に多い感染者数となる638人になり、累計の感染者数も3万人を超えました。

感染者の数が2万人を超えたのは6月19日で、8月11日に3万人を超え、2か月足らずで1万人の感染が確認されるというこれまでにない速度で感染が拡大しています。

10日に発表された県の疫学統計・解析委員会では、8月9日から15日にかけて県内での感染者数は最多で5000人と見ていることから、県は、8月の1か月間で1万人を超える可能性があると分析しています。

こうした中、県は12日、新型コロナ対策本部会議を開き、感染予防対策としてワクチン接種を希望する県民の接種の完了時期を11月中にすることなどを盛り込んだワクチン接種の基本方針を発表することにしています。

ワクチン接種11月に完了 県が方針発表へ