沖縄のきれいな海を守りたいという思いから「ある取り組み」を行いながら本島一周に挑戦している男性を追いました。

ゴミを拾いながら本島一周を目指しているのは千葉一輝さん。千葉さんは、6月10日にうるま市を出発し、ゴミを拾い集めているところをSNSなどにアップし、ゴミを処分してくれるところを呼びかけていて、今帰仁村では、千葉さんの行動を知った人たちが駆け付けました。

参加者は「見てみぬふりはできないですね。話が回ってきたときに何か手伝いはしようと思いながら。我々の村やってもらっていますからね。ぜひぜひそこは協力します」と述べました。

千葉さんが行動を起こすきっかけになったのは、陸から海に大量のゴミが流れている現状を知ったことでした。千葉一輝さんは「一人でも多くの人に伝わって、影響の輪がどんどん大きくなっていければいいと思ってまして、ゴミをみんなが拾ってくれれば街は綺麗になりますし、海に流れていくゴミも少なくなっていくと思う」と話しました。

6月17日のゴールを目指し、千葉さんは6月15日も一歩一歩、進んでいます。

ゴミを拾いながら沖縄本島を一周を目指す男性