「セラミックの宝石」と称され国内外で高い評価を受けている陶芸家山本一洋さんの作品展が、沖縄で初めて開催されています。

佐賀県伊万里市の陶芸家山本一洋さんは、変色のしやすさなどから陶芸には不向きとされてきたプラチナの光沢を再現する技法を開発し、その超絶技巧が、国内外で高い評価を受けています。

会場には香炉や飾り壺など68点が展示され、プラチナの輝きと緻密な文様が調和した「セラミックの宝石」と称される作品の数々を間近で見ることができます。

作品展はデパートリウボウで2021年4月11日までの開催です。

陶器の宝石 超絶技巧 山本一洋氏の作品展