3月8日の「国際女性デー」を多くの人に知ってもらおうと3月8日那覇市で女性たちが中心となり街頭でPRしました。

「国際女性デー」は、1904年の不況下のニューヨークで女性たちが参政権などを求めて行ったデモが起源となっていて、女性たちが男女平等な社会の実現を目指し訴える日です。

3月8日那覇市では連合沖縄の女性委員らが中心となり、バラの石けんやリーフレットなど通りがかった人たちに手渡し、この日をアピールしました。

堀川恵さんは「きょうを境に女性ばかりではなく、弱い立場の皆さんに対して、非常に安心できる社会への大きなうねりを作っていけるような1日にしたいなと決意を新たに致しました。」と話しました。

2020年に世界経済フォーラムが各国の男女格差を指数で表したランキングで日本は153カ国中121位と先進国最下位となるなど、課題となっています。

3月8日は国際女性デーに合わせ那覇市でPR