3期12年続いた市政の継続か刷新かを最大の争点に、従来の選挙とは異なる構図での選挙戦となりました。

任期満了にともなう宮古島市長選挙がおととい告示され、新人と現職の一騎打ちの構図となりました。

現・新 一騎打ち 宮古島市長選挙

立候補したのは届け出順に無所属新人で前県議会議員の座喜味一幸さん。無所属の現職で4期目を目指す下地敏彦さんのあわせて2人です。

今回の選挙はオール沖縄勢力と一部保守が支持する座喜味さんと自民公明が支持する保守系の下地さんが一騎打ちする形となりました。今回の市長選は3期12年続いた現市政を継続させるか刷新するかが最大の争点です。

現・新 一騎打ち 宮古島市長選挙

座喜味候補「市民の草の根での『今市長を交代しないと大変だぞ』という危機感。子々孫々にわたる私たちの今の責任。これがワンチームを作った」

新人で前県議会議員の座喜味さん。これまで保守系の議員として活動してきましたが、市政の刷新を訴え、革新のオール沖縄勢力と共闘。3期12年続いた現市政運営の不透明さなどを指摘し、財政の健全化や市民所得の向上などを訴えます。

座喜味候補「当たり前の原点を当たり前にして実行していく。これが今回の市政刷新だと思っている。市民主役の市民主体の市民の声が届く市政を座喜味は間違いなくやる」

現・新 一騎打ち 宮古島市長選挙

下地候補「今コロナでこれだけみんなが苦しんでいるとき、この12年間の行政のノウハウを生かして的確に事業する。これこそが今宮古島市で必要だと思います」

3期12年にわたって市長を務めた下地さん。下地さんには自民・公明の国政与党が応援にまわり、実績をアピール。これまでの任期でハード面の整備は整ったとして、4期目はソフト面を充実させ、市民生活の向上に力を入れたいと訴えます。

下地候補「どうしても必要な社会資本の整備は出来上がりました。次はこれを利用して、市民の皆様が豊かに暮らせるような施策をしなければなりません」

宮古島市民は市政の刷新と継続、どちらを選択するのか。有権者およそ4万5000人の審判は今度の日曜日に下されます。