南風原町の南部医療センター・こども医療センターで17日、おりがみツリーが完成しました。

こども医療センターの小児外来を鮮やかに彩るこのツリー。入院中の子どもたちとその家族、病院の職員たちが願いを込めて折った折り紙をつなぎ合わせています。

5年目を迎えた今年は、学童の児童や高校・専門学校の生徒たちの協力もあり、11月中旬から3週間で1万6800枚あまりが集まりました。

県立南部医療センター・こども医療センター・利根川尚也医師「多くの方が参加してくださって、大変感謝の気持ちでいっぱいです。こどもたちも非常に喜ぶんじゃないかと思います」

おりがみツリーは、来年1月7日まで見ることができます。

入院中のこどもたちを笑顔に おりがみツリー完成