新型コロナウイルスで打撃を受けた飲食店を支援する「Go To イート」の「プレミアム付き食事券」。県内でも11月17日から販売が始まりました。

伊波アナ「きょうから県内で販売が始まったプレミアム付き食事券。紙のクーポンはファミリマートで購入できます」

11月17日から県内での販売が始まった「Go To イート」のプレミアム付き食事券は国の支援事業で購入金額の25%が上乗せされるものです。

購入する場合、専用ホームページから事前の申し込みが必要です。「紙クーポン」はファミリーマートで購入でき、「電子クーポン」はホームページで購入し、QRコードを作成します。

事務局によりますと飲食店の参加申し込みは1000店を超えていて、店頭のポスターやホームぺージで利用できる店舗の確認ができます。

飲食店オーナー「Go To トラベルは主に観光のお客様がご利用だったので、今回は県民のお客様の利用が見込まれるので、当店としてもだいぶ期待しています」

食事券の利用期間は2021年3月末までですが、予算額12億円に達すると販売が終了します。店側には新型コロナの感染予防のために、消毒液の設置や、換気の徹底など対策が求められます。

Go To イートを巡って国は新型コロナの感染拡大防止に向け、子どもを除き、4人以下で飲食するなど対策を取るよう「都道府県知事に早急な検討を要請した」と述べています。北海道や東京、大阪だけでなく沖縄も感染拡大している状況にあり「感染防止の対策」と「経済の支援策」、2つの手綱をどう引いていくべきなのか対応が求められそうです。

Go To イート「プレミアム付き食事券」販売始まる