県内の愛好家が育てた、秋に見ごろをむかえるランを一堂にそろえた展示会が本部町で開かれています。

本部町の熱帯ドリームセンター内に設置された会場には、県内のラン愛好家が育てた秋に咲くランおよそ200点が展示されています。担当者によりますと今回一番多く出品された種類はカトレアで、オレンジや黄色、赤など彩り鮮やかな花を咲かせるということです。

訪れた人は、写真を取りながら花の付き方などを熱心に確認している様子でした。

海洋博公園・中川綾乃さんは「県内の愛好家の皆さんが丹精込めて作られたランですので、とても美しく咲き誇っています。そちらを見ていただきたいと思います」と話しました。

この展示会は2020年11月23日まで開かれています。

県内の愛好家が育てたランの展示会