新型コロナ対策を大きな柱として計上されたおよそ104億円の補正予算が県議会で可決されました。

県議会では、9月24日県が主に新型コロナ対策のために計上していた総額103億9460万円の補正予算が全会一致で可決されました。

今回の第6次補正予算では国の雇用調整助成金に上乗せして支援する費用に37億9300万円。新型コロナのコールセンターの継続や、PCR検査の強化などにおよそ9億5400万円。無症状者や軽症者向けの宿泊療養施設の借り上げにはおよそ7億2200万円。保育所や児童クラブなどの感染防止対策におよそ9億500万円が盛り込まれています。

県は水際対策の強化をはかるとともに経済的な損失を最小限に食い止め段階的に回復させていく対策を進める方針です。

県議会 コロナ対策で104億円の補正予算を可決