新型コロナの影響でことしの旧盆は密を避けてほしいと知事コメントもあり、自粛ムードの中、迎えることになりますが、その影響は旧盆商戦にも変化を生んでいました。

色鮮やかなコー菓子。旧盆のお供えの一つですが、今年はその売れ行きに異変が。

コロナで変わる「旧盆商戦」

松原製菓「お盆も自粛要請出てるじゃないですか。なので、お供えしないという方と、来ないからお供えするという人と分かれるみたいで。注文も全く入っていないので、(旧盆)当日、期待するだけです。」

ご先祖様をお迎えする旧盆まであと5日。どれほどの人がどれだけ支度をするのか。先の読めない状況に、業者は困惑していました。

これまでの旧盆シーズンは、食材を買い求める人で賑わっていた那覇市第一牧志公設市場。しかし、きのうは、人通りがほとんどなく、休業中の店舗も。

上原精肉店・上原正敏さん「私も長いこと肉屋やってますけど、ここまでひどく落ち込むというのは、なかなかなかったもんですから、どう対処していいのか、皆さん掴みづらくて。仕入れの段階でもどれだけ仕入れしていいのか、なかなか見えないところで。」

コロナで変わる「旧盆商戦」

とくに注文が少ないのが中味です。

上原精肉店・上原正敏さん「みんなが集まるからということで、中味汁したりソーキ汁したりするんですけど、集まる人数が少ないもんですから、今年は何か違うのにしようとか、そういう風に切り替えもいっぱいあるとは思いますね。」

親族が集まってご馳走を囲む旧盆。新型コロナで「集まりを避ける」影響は、実に大きいものがありました。

上原精肉店・上原正敏さん「でもやっぱ、来てくれるのを願いながら仕入れしますので、来ていただけたら、それだけの対応はちゃんと致します。」

市場では、旧盆商戦に備えて臨時駐車場を設け、注文した商品を、車で取りに来た人に渡すドライブスルー方式を導入していましたが。

第一牧志公設市場・高良幸博さん「(利用する方は)ほぼいないですね。市場に来てくれる人のためにいろいろ対策はしたので、明日からに期待ですね。」

見通しが立たない中でも、旧盆用の食材をそろえて待つ市場。新型コロナの影響は、ほかの定番商品にも。

お中元の特設コーナーを、例年と同じ規模で展開していたのはサンエー那覇メインプレイス。今年は、コロナの影響をうけた県産品を応援しようと、産地直送ギフトを強化。サンエーでは、販売のピークは今週末と見込んでいますが、すでに…。

コロナで変わる「旧盆商戦」

比嘉記者「こちらの店では、お中元を例年よりも早く購入する人が増え、また、配達の依頼も増えているということです。」

あいさつ回りを控えるためか、早めに購入して、配達を依頼する人が増加傾向にあるといいます。

「集まりを避ける」ことが求められている今年の旧盆。大人数で楽しむオードブルは、コロナの影響を大きく受けていました。

上間てんぷら・上間喜壽社長「うちもかなり影響は受けていますね。特に顕著に影響が出ているのが、弊社では『集まりご飯』と呼んでいるんですけど、例えば沖縄は、イベントだったり行事のときに集まるんですが、そういった場面で使われる重箱ですとかオードブル、こちらの注文が、前年比で約70%から80%ほど落ち込んでいます。」

厳しい状況の中、上間天ぷらが講じた対策とは。

コロナで変わる「旧盆商戦」

上間てんぷら・上間喜壽社長「今年は家族だけという行事をコンパクトにしたような、そういったシーンに対応するために、例えばお餅とお重をわけて販売していたんですが、そこをひとつの重箱の中ににまとめてですね、小さなご家族でもお供えできるようなセットを用意するとか、そういった対策をしています。」

こちらの重箱商品。単に、一段にまとめただけと思われるかもしれませんが、おかずの品数やおもちの個数など、沖縄独自の重箱料理の決まり事にも配慮したそうです。

コロナで変わる「旧盆商戦」

上間てんぷら・上間喜壽社長「ただの食べ物ではないということなんですよね。そこには、文化を含んでいるといいますか、おいしいとかそういったものだけではなくて、ご先祖との関係性だったりとか、それを囲む場を演出するためのひとつの舞台というか舞台装置というか小道具…。そういった役割にもなっていますので、ただただ数量減らした、増やしただとか、中身を食べたいものに変えたでは、なかなかお客様も納得いただけない部分もあったりして、そのあたり非常に難しいですね。」

上間てんぷら・上間喜壽社長「お客さまのほうもこの状況でどうやっていいかわからない、混乱の声もあったりですとか、どういう風にやったらいいのか教えてほしいという声もあったり、非常に沖縄の文化の根強さを感じつつも、やはり今年は少し例年とは違う特殊な1年なんだなとは強く感じています。」

コロナで、いまだ先の読めない状況が続く旧盆商戦。伝統と自粛のはざまで、ご先祖様をどうむかえることになるのでしょうか。

コロナで変わる「旧盆商戦」