県内では13日、新たに新型コロナウイルスの感染者が97人が確認されました。感染が拡大する中、県は緊急事態宣言を2週間延長し8月29日までにすることを発表しました。

県によります、13日新たに10歳未満から90歳以上の男女あわせて97人が、新型コロナに感染したことが確認されました。直近1週間の人口10万人あたりの感染者数は42.55人となっていて、東京の約3倍の多さです。

県内での累計感染者数は、1404人となりました。現在298人が入院中で、そのうち14人が重症、酸素の投与などが必要な中等症の患者は79人です。宿泊施設で、療養しているのが75人、自宅療養が392人となっていますが、入院調整中で自宅待機を余儀なくされている人が269人にものぼっています。

玉城知事は会見を開き、県内の警戒レベルを感染まん延期にあたる第4段階に引き上げるとともに、8月15日までとしていた緊急事態宣言を2週間延長し、8月29日までとすると発表しました。

新たに97人感染確認