4日連続で最多更新、県内では7月30日、新たに49人の新型コロナ感染者が確認され、累計は300人を超えました。こうしたなか、県は夜の繁華街に休業要請を出しました。

玉城知事「第一波の拡大ペースを上回るスピードで拡大しています。一部の地域においては感染拡大がみられることから県としては強い警戒感を抱いている」

県によりますと県内で7月30日に新たに49人が新型コロナに感染したことが明らかになりました。4日連続で1日あたりの感染者数の過去最高を更新しています。

玉城知事「クラスターが複数発生し急速に感染が拡大している、那覇市松山地域の接待接触を伴う飲食店の事業所に対し8月1日から8月15日の約2週間について休業要請をいたします」

玉城知事は那覇市松山の夜の繁華街でクラスターが発生するなど感染拡大が進んでいるとして松山にある接待などを伴う飲食店に対し、来月1日から15日までの休業要請を出したことを明らかにしました。この休業要請に応じた事業者には、20万円の協力金を支給することにしています。

さらに、県民や県外からの渡航者に対しても松山を中心とした夜の繁華街に行くことを控えてほしいと呼びかけました。

また、これまでに客と従業員、あわせて14人が感染するなどクラスターが発生している那覇市松山のキャバクラについて、県は店側の了解を得て店名を公表しました。

クラスターが発生したのは、「CLUBDIARESORT」と「MADONNACLUB」の2店舗で、県は7月20日以降にこの店を訪れた人は保健所に連絡するよう呼びかけています。

また、糸満市教育委員会によりますと7月29日、糸満市内の小学校に勤務する男性教師の感染がわかりました。男性教師が勤務する小学校では7月30日から来月3日まで臨時休校となっています。

4日連続で最多更新 新たに49人が感染