那覇市議会は30日の臨時会で、在沖アメリカ軍に対して実効性のある新型コロナの感染防止対策を求める意見書を可決しました。

粟國彰那覇市議「県民が一丸となって新型コロナ感染防止に取り組む中、在沖米軍で新型コロナの感染者が急増している」

意見書では、29日までに在沖アメリカ軍の感染者数があわせて240人になっていることで、基地従業員をはじめとする近隣住民に不安が広がっているとして、安倍総理や西村新型コロナ担当大臣らにアメリカ軍関係者の感染経路や行動履歴などの迅速な開示や速やかな検査の実施などを求めています。

意見書は全会一致で可決されました。

那覇市議会 米軍コロナ対策に意見書