県は19日、県内で新たに2人が新型コロナに感染したと発表しました。10歳未満の小学生の感染も初めて確認されました。

県によりますと、19日に新たに2人の感染が確認され、県内の感染者の合計は151人となりました。このうちの1人は、18日にQABが感染を発表した、40代の男性社員ディレクターで、症状はありませんが、現在、入院しています。

また、19日に初めて、10歳未満の小学生の男の子の感染も明らかになりました。16日に発熱の症状があり、医療機関を受診してPCR検査を行ったところ、19日、陽性が確認されたということです。現在、保健所が、感染経路や接触者について調査を進めています。

一方、アメリカ軍では、19日、新たな感染者は確認されなかったということです。

県内で初めて小学生が新型コロナに感染