国内外で展開されるリゾートホテル、「星のや」が、きょう読谷村に開業しました。5月の開業を予定していましたが、新型コロナの影響で今月からのオープンとなりました。どんな空間が広がっているのでしょうか?

きょう開業した「星のや沖縄」。当初は5月のオープン予定でしたが新型コロナの影響でおよそ1カ月、開業が延期されました。琉球王国時代のグスクをイメージした曲線状の壁。そこには、伝統的な花織の模様が描かれていて、緑豊かな非日常の空間へいざないます。

星のや沖縄 読谷にオープン

金城アナ「こちらのプールでは、海を眺めながらのんびり過ごすことができます。」

24時間オープンしている全長40mのプール。海と空の一体感を味わえます。100室ある客室は全てオーシャンフロント。それぞれの部屋で、表情の異なる「沖縄」を感じながらゆったりとくつろげる空間になっています。

また、海をイメージしたレストランでは県産食材をシチリア風にアレンジしたメニューが楽しめるのですが、さらに・・・!

金城アナ「シェフが作ったお料理を、自分で仕上げて、自分の好きな時間にいただけるんです!」

客室にはオーブンや冷蔵庫などが備わっているので、予約をすれば、食べたいときに客室で、出来立ての料理を味わえます。

星のや沖縄 読谷にオープン

星野リゾート沖縄読谷事業所・澤田裕一総支配人「沖縄県は自然や文化、人ですとか時間、贅沢なものがたくさんある。そういった贅沢をリゾートの中でゆっくりと感じていただいて滞在を楽しんで頂ければと思っております。」

星野リゾートとしては初の本島進出。食や景色、さまざまな体験を通して沖縄の魅力を再確認できる場所となりそうです。