こちらが沖縄タイムス朝刊です。「県議会議長に赤嶺氏自民が与党議員支持」ということなんですが、30日の議長選の結果は驚きました。どういうことなのか、沖縄タイムス福元さんと考えたいと思います。それではきのうの県議会の様子です。

玉城ノブ子仮議長「赤嶺昇さんが議長に当選しました。」

新体制でスタートした県議会。議長には、与党の統一候補を抑え与党の立場でありながら野党自民党などが支持した会派「おきなわ」の赤嶺昇県議が就任。

赤嶺昇議長「その使命と職責の重大さに身の引き締まる思いであります。」

その内幕では…。

赤嶺昇議長「(与党会派とは)信頼関係が今はありませんので、当面の間は与党連絡会には参加しない。議長はじめ議会人事にもくみしない。それに尽きます。」

与党内の深い溝の存在も。野党がその亀裂につけ込んだ形となりました。

島袋大県議「まさしくオール沖縄の崩壊だと思っていますから、しっかり2年後の県政奪還も含めて、対玉城県政に対して揺さぶりをかけるしかないと思っている。」

玉城県政に攻勢を強める野党。今後の行方は…。

事実上「与野党逆転」か