選挙後初めて開かれた県議会。30日、新しい議長が選出されましたが、波乱の幕開けとなりました。

新たな顔ぶれがそろった県議会。始めに議長の選出が行われました。議長は与党最大会派から選出されるのが慣例なため、与党側は崎山嗣幸議員を支持しましたが、野党と中立会派は「おきなわ」の赤嶺昇議員に投票。結果、赤嶺議員が崎山議員の得票数を上回りました。

自民党は赤嶺議員に投票した理由について、島袋大県議は「当初から(おきなわは)与党という報告は聞いていませんから、中立としての認識ですので、そこでお互い議論して合致したと思っている」と話しました。

議長に選出された赤嶺議員。与党としての立場に変わりはないとしていますが、その言動からは与党内のほころびも見えてきました。

赤嶺昇議長は「(与党会派とは)信頼関係が今はありませんので、当面の間は与党連絡会には参加しない。議長はじめ議会人事にもくみしない。それに尽きます」と話していました。

一方、オール沖縄の足並みの乱れが現れる結果に与野党は…。

仲村未央県議は「与党内の団結が乱れてこのような結果になったことは残念ではあります。会派おきなわとしては、与党という立場を表明されている中ですから(与党の)団結を立て直せるように対応していきたい」と話していました。

島袋大県議は「まさしくオール沖縄の崩壊だと思っていますから、しっかり2年後の県政奪還も含めて、対玉城県政に対して揺さぶりをかけるしかないと思っている」と話していました。

自民党は2年後の県知事選も見据え、玉城県政に対して攻勢を強めています。

新たな顔ぶれ県議会 波乱の議長選