JTAでは6月5日、キャンペーンを呼びかけました。JALグループでは、旅行会社の社員らが朝から街頭に立って「おきなわ彩発見キャンペーン」の旅行商品をPRしました。

沖縄本島から宮古、八重山、久米島への往復航空券とホテル宿泊を含んだプランのほか、離島から沖縄本島に向けたプランも用意されています。

旅行需要の回復にむけJTAでは、空港や機内で安全・安心なサービスに向けた取り組みを強化していて、5日は、その一部が報道陣に公開されました。接客にあたっては客室乗務員のマスク、手袋着用や除菌シートを用意するほか、機内の消毒作業は毎日夜間に実施しています。

また、JTAでは、感染拡大防止のため、乗客にも健康状態の確認やマスク着用の協力を呼び掛けています。現在、7割で減便を実施しているJTAですが、今後については状況をみながら検討したいとしています。