QABではテレビのデータ放送で地域の飲食店のテイクアウトや宅配情報が見られるサービスをスタートしました。

これは、新型コロナウイルスで営業自粛などの影響を受けている飲食店を応援しようと、日本青年会議所沖縄地区協議会などが展開する「テイクアウトinOKINAWA」とQABがタッグを組んだものです。

県内の飲食店約570店舗のテイクアウトや宅配メニュー情報を県内7つの地域に分け、テレビのデータ放送で、それぞれの地域に合わせて表示します。

スマートフォンやパソコンがなくてもテレビのリモコンの「d」ボタンで情報を見ることができ、情報は毎日更新されます。

テレビのdボタンでテイクアウト情報!