緊急事態宣言の延長を受けて、飲食店では不安を募らせています。

那覇市のこの飲食店では、4月に新型コロナに関する緊急事態宣言が発表されて以降、休業も検討しましたが、スタッフの生活を守ることなどを考え、店を開け続けています。

ALGOS(アルゴス)松田真也代表「延長ってなってくると、精神的なところも含め、経済的なところも含め、かなり厳しい状況ではあります」

客足が遠のく中、4月の売り上げが7割減少し、テイクアウトやデリバリーも始めてなんとかつないでいるという松田さん。再び延長されることも想定しながら不安を募らせています。

緊急事態宣言延長に飲食店は