県離島振興協議会が新型コロナの感染拡大防止に向け、空港や港での水際対策などを県に要請しました。

10日、県庁に富川副知事を訪ねたのは石垣市や宮古島市、伊江村、久米島町など県内離島18市町村で作る離島振興協議会のメンバーです。協議会の会長で座間味村の宮里哲村長は、空港や港で検温を実施することや、離島を結ぶ船の運航に関わる職員が感染した場合の対応策、生活物資の輸送手段の確保などを求めました。

これに対し、富川副知事は「県としても全力でバックアップしていきたい」と応じました。

県離島振興協議会が新型コロナで県に要請