米軍基地から漏れ出したとみられる有害物質が、北谷浄水場の取水源を汚染している問題を受けて、市民団体が沖縄防衛局に要望書を提出しました。

有機フッ素化合物PFAS汚染から市民の生命を守る連絡会 伊波義安共同代表は「県民の命や生存権に関わる問題ですから、皆さんは最大の力を使ってこの汚染水を取り除く、あるいは飲まさない努力をしてもらいたい」と話していました。

沖縄防衛局を訪れたのは、PFAS汚染から市民の生命を守る連絡会のメンバーです。連絡会は、北谷浄水場の水にPFASと呼ばれる有機フッ素化合物が含まれていることを指摘。

アメリカ軍が実施し、すでに日本政府に報告されている調査結果を国民にも公表するよう求めました。

しかしこれに対し防衛局は調査結果の公表にはアメリカの判断が必要だと回答したため話し合いは紛糾しました。

連絡会ではPFASが自然界にはない有毒物質だと指摘し、国が定める予定の目標値は、限りなくゼロに近い数値に近づけるよう求めています。

PFAS問題で市民団体が防衛局に要望書