2020年2月24日で1年となります。名護市辺野古の新基地建設のための埋め立ての是非を問う県民投票から2月で1年になるのを前に写真展が開かれています。

2019年2月24日に行われた辺野古新基地建設のための埋め立ての是非を問う「県民投票」。全国が注目した当時の様子を紹介する写真展が那覇市で開かれています。

撮影したのは「辺野古県民投票の会」のメンバーで写真家の普久原朝日さん。県民投票の会発足からその実現を求めた署名活動。投票までの動きなど200点余りが展示されてます。

中には、全市町村の投票実施を求め行った会の代表元山仁志郎さんのハンガーストライキの写真も展示されています。写真展は県内では26日まで。4月には東京でも行われる予定です。

「辺野古県民投票」から1年で写真展