きょうはバスの日

20日はバスの日です。那覇市では、バスの日を記念した行事が行われました。

鉄軌道がない沖縄では、県民のみならず観光客にとっても重要な公共交通機関となっているバス。バスの日は1903年の9月20日、京都で乗り合いバスの運行が始まったことにちなんで制定されました。

那覇市の県庁北口バス停では、沖縄県バス協会の職員が運転手に対して、乗客へのあいさつや行先案内を徹底するよう呼びかけたほか、バスを待っている人たちに記念品が配られました。

県は那覇市と沖縄市を約1時間で結ぶ基幹急行バスの運航も発表していて、今後もバスが県民や観光客の足として大きな役割を担うことが期待されています。