続いては、沖縄のおとなり、台湾のユニークな話題をお伝えしている「わんさか台わん」。今回は、ちょっと変わった動物と遊んで学べるイベントを紹介します。

巨大な耳に、飛び出しそうな目・・・。ちょっと変わった姿のこの動物は「ユビザル」。別名、「アイアイ」です。

先月、台北市立動物園に新しく仲間入りしました。子ども「目がまん丸で可愛らしい」子ども「とても活発で普通のサルと違うから、ちょっと怖い」

「ユビザル」は、ちょっと奇妙なその姿から不吉な動物とする国もあり、一時、絶滅の危機にあったのだとか。

「ユビザル」は、ちょっと奇妙なその姿から不吉な動物とする国もあり、一時、絶滅の危機にあったのだとか。

動物園にやって来てまだ間もないアイアイは、緊張気味。早く慣れて、動物園のアイドルになってくれるといいですね。

つづいては、駅の広場で開催されたユニークなイベント。ダンボールを繋げた迷路に、さまざまなアートが展示されています。

子ども「特別なところは、動物の形があって面白かった。」「いろいろな文化もみれたよ。」

子ども「面白かったのは、ジャンングル風の中で昔のエジプトが、みえたことだよ!」

子ども「面白かったのは、ジャンングル風の中で昔のエジプトが、みえたことだよ!」

このイベントで、使われたダンボールはすべて再生紙で出来ているということで、子どもたちはリサイクルについても学んでいました。