台風13号先島にきょう夕方から影響

9月2日に発生した台風第13号は発達しながら宮古や八重山に接近していて、先島諸島では4日から暴風となる見込みです。

台風13号は、2日午前9時にはフィリピンの東の海上にあって1時間に約20キロの速さで北北西へ進んでいます。中心の気圧は992ヘクトパスカル。中心付近の最大風速は25メートルで、最大瞬間風速は35メートルとなっています。

沖縄本島地方では、台風の進路によっては5日には暴風となるおそれがあります。台風が接近する宮古島市の荷川取漁港では2日朝、漁船などが台車に乗せられ陸揚げされる様子などが確認されました。

気象台では、宮古島や石垣島では5日、警報級の大雨となるおそれがあるとして猛烈な風と雨に厳重な警戒を呼びかけています。