求職者と企業の採用課題をワンストップで解決

求人誌などに求人情報を掲載しても応募者が少ない現状に対応し求人誌企業が新たなサービスをスタートします。

これは、2019年7月の有効求人倍率が1.19倍と、前の月よりも0.01ポイント上昇し県内の雇用情勢が改善する中、求人誌などに情報を掲載しても中々応募者が来ないという現状を改善しようと「求人おきなわ」が新たなサービスを開始したものです。

新サービスでは求人情報誌のリニューアルに伴いハローワークの求人情報などを含めた約1万件の求人情報を提供。また、人材を求める企業に採用特化型のホームページを無償で提供するサービスを展開し、職を求める人と企業とをワンストップで結び両者の課題解決につながるとしています。