元日本代表、高原直泰(たかはら・なおひろ)が選手兼代表を務める沖縄SV(おきなわ・エス・ファウ)。チームは現在国内5部にあたる地域リーグの1つ、九州リーグに所属。来年は4部のJFL(ジェイエフエル)昇格が目標です。

高原直泰代表「少しずつだが強さが身についてきていると思う。」

九州リーグ2シーズン目の今季は、14戦全勝で首位を独走しています。その立役者の1人が読谷村出身の山内達朗(やまうち・たつろう)。仕事とサッカーを両立する社会人選手で、九州リーグの得点ランキングトップを走ります。

山内達朗選手「いい意味で居心地が悪いというか、気を抜くとすぐにベンチ(先発外)なので、自分自身が成長できる環境だなと思っている。」

九州リーグは今季残り4試合。きのうはホーム最終戦でした。序盤から今シーズンの勢いそのままに攻め続ける沖縄SV。先制点を決めたのは左足で蹴りこんだ9番山内。このゴールが呼び水となり前半だけで5得点。沖縄SVが大きくリードを広げます。

サイドが代わった後半も攻撃の手をゆるめません。相手陣内でプレッシャーをかけつづけ、ボールを奪うと再び山内へ。このあと山内はもう1点決めて、1試合3得点のハットトリックで、リーグ得点王に大きく前進。

大量リードで試合を決めた沖縄SVでしたが、試合終了直前ファールでフリーキックを獲得されると、これを直接決められ完封はならず。さらなる高みを見据えるチームにとっては、見過ごせない結果となりました。

高原直泰代表「(失点)ゼロで終わらせられなかったのは、自分たちの隙であったり甘さ。8点しか取れなかったというのが、正直な感想。」

山内達朗選手「九州リーグのみならず、JFL昇格に向けて、自分がもっとパフォーマンスを上げていけるよう頑張って行きたい。」

早ければ次の試合で九州リーグ優勝が決まる沖縄SV。優勝が確定すれば、国内4部リーグJFLへの参入をかけ、11月に行われる大会への出場が決まります。