8月19日は語呂合わせで「俳句の日」なのですが、5・7・5・7・7で読む短歌の大会「短歌甲子園」が18日、岩手県で行われ、初出場の昭和薬科大学が団体戦で準優勝。さらに2年生の國吉伶菜さんが読んだ作品「碧海(へきかい)にコンクリートを流し込み儒艮(じゅごん)の墓を建てる辺野古に」が最も優れた歌として受賞しました。