金城キャスター「楽園の海案内は水中ビデオカメラマンの長田勇さんです。きょうのテーマは「浦添の海」です」

長田さん「今回は、楽園の海初紹介となります、浦添の海に潜ってきました」

金城キャスター「初紹介なんですね!楽しみです。早速、見ていきましょう」

長田さん「久しびりに宜野湾マリーナ行きました。相変わらず、高級そうな船がいっぱい。このマリーナから東恩納とおるさん操船の、ピースシンフォニーに乗って出港します」

金城キャスター「まるで絵画みたいな景色ですね」

長田さん「そうですね。今回のガイドは・・・浦添市出身の池宮城竜治さんにお願いして、浦添の海を目指します」

金城キャスター「どんな光景が広がっているのか、楽しみです」

楽園の海 浦添の海

長田さん「グリーンビーチというポイントから紹介しましょう!水深5mの海底には、柔らかいサンゴ・ソフトコーラルが群生しています」

金城キャスター「色とりどりで綺麗ですね」

長田さん「ヒメジの仲間『オジサン』の子供達の群れが、元気に泳ぎ回ってました。成魚は20cmほどにもなりますが、こちらはまだこどもで体長は約8cm」

金城キャスター「面白い模様をしていますね。それにしても、なぜこの場所に集まっているんでしょう」

長田さん「オジサンの子供達の餌場となっているようです。ソフトコーラルの海でよく見かける魚、クロスズメダイ。ダイバーには見向きもされない魚なんですが・・・子供は、とても可愛らしいんです」

楽園の海 浦添の海

金城キャスター「これクロスズメダイの子供なんですか?全然黒くないですね」

長田さん「別の種類かと思うくらい見た目が違いますが、成魚を見て名前つけたようですね」

金城キャスター「腹びれは黒が少し入ってきてますね。もう少ししたら、どんどん黒くなっていくんでしょうね」

長田さん「しばらくするとガイドの池宮城さんが、何かを見つけてくれました。カムフラージュしてるから、わかるかな~」

金城キャスター「どこですかね。藻がふよふよしているようにしか見えませんが・・・・」

長田さん「真ん中の緑色はコブシメの赤ちゃんなんですよ~」

金城キャスター「え、そうなんですか?」

楽園の海 浦添の海

長田さん「体長は10cm。大人になると35cmにも成長しますから、本当に可愛いサイズです」

金城キャスター「それにしても足を素早く動かしていますけど、何をしているんでしょうか?」

長田さん「これ、餌を捕まえる時の仕草(行動)です。すぐ逃げられたようで、途中でやめてしまいました」

金城キャスター「なんだかしょげているようにも見えますね」

長田さん「そうですね。少し離れたカーミジ(亀の背)というポイントの水深20mには、トウアカクマノミの家族が住んでました。沖縄で見られる6種類のクマノミのうち、一番個体数の少ないクマノミなんですよ」

金城キャスター「よく見るクマノミよりも、ちょっと黒っぽい体していますね。このまま、ず~っと住み続けてくれるといいですけど」

長田さん「水深15mにある中層ブイ周辺に住み着いているのは・・・ムレハタタテダイの子供達」

楽園の海 浦添の海

金城キャスター「背びれが長くてキレイですね」

長田さん「以前は、成魚が数匹住み着いていたんですが、6月末から子供達が住み始めたようです」

金城キャスター「子供たちの遊び場になっているんですかね?」

長田さん「ロープに住み着いたサンゴ。上には黒くて小さいミツボシクロスズメダイ。下にはハリセンボンの姿が」

金城キャスター「様々な魚たちのいい隠れ家になっているでしょうね」

長田さん「このムレハタタテダイは、沖縄では珍しく、見られるポイントも少ないので、いいもの見せていただきました」

金城キャスター「浦添の海も色とりどりなサンゴや魚たちと、豊かですね。今日も、きれいな映像をありがとうございました。以上、楽園の海でした」