アサヒ飲料 こども食堂へ寄付金贈呈

子どもの孤立を防ぐ「こども食堂」へ飲料メーカーが寄付金を贈りました。アサヒ飲料では子どもたちの健やかな成長を支援しようと、去年から商品の売上げの一部を全国のこども食堂へ寄付しています。

寄付金の総額は全国で2千252万円で沖縄県では寄付金32万円と飲料水がアサヒオリオン飲料から県共同募金会に贈呈されました。

県共同募金会の湧川昌秀会長は「沖縄の子どもたちを取り巻く生活の厳しさは以前より社会的な問題になっています。寄付金は有効に活用させていただきます」と感謝しました。

寄付金は新しく子ども食堂を開設した団体や運営基盤を整備する団体で活用されるということです。