さて、きのう先月の入域観光客数が過去最高の86万人を超えたというニュースをお伝えしましたが、こちらの動画。台湾の人気ユーチューバーが沖縄県内のあることについて訴えているんです。アジアからの観光客も多く、レンタカーの利用率も高くなるなか台湾ユーチューバーが伝えるものとは?

ユーチューブ動画「最も危険な時は右折のときです。なぜなら台湾人は右側車線なのですぐに右折してしまいますが、日本では左側車線なので大回りをして右折します。もし台湾と同じようにすぐに右折してしまうと反対車線の車にぶつかってしまいます。このように大回りして右折します。気をつけてくださいね。」

台湾の人気ユーチューバーIku老師(イクーろうし)さん

動画をアップしているのは台湾の人気ユーチューバーIku老師(イクーろうし)さん。およそ10分の動画には、県内で車を運転する際の注意点を紹介しています。なぜ、台湾の人気ユーチューバーが県内での交通ルールを紹介するのでしょうか?

実際にレンタカーを借りた台湾からの旅行者に話をきいてみると日本での運転は台湾に比べ運転しやすいと好印象でした。

しかし・・・ タクシー運転手「(ナビゲーションで)目的地を見ながら走ってるかわからないんですけどね、急に右折したり、曲がったりする場合があるので、やっぱり後ろからついていく場合は注意して運転してますね。」「車間距離を保つか、できる限り避けて、避けるような形で。」

弁当屋さん女性「一時停止を無視して急に飛び出してきたりっていうのを何度か経験しててちょっとヒヤッとした。」

会社員「交通ルールが違うのか突然割り込んできたりされたことはありますね。。」「少し車間を開けて運転してますね。気を付けてますね。」

外国人レンタカーの印象について街の声は(不安を訴える人が多くいました)様々でした。

県内で、外国人によるレンタカーの事故件数は71件

県警によると昨年、県内で、外国人によるレンタカーの事故件数は71件。このうち台湾からの旅行者が全体のおよそ45%、32件と最も多い件数となりました。

このような状況の中で公開された今回の動画。実は、これ、国内のレンタカー予約サイトが台湾の人気ユーチューバーに依頼し沖縄での安全運転を、啓発しようというものだったのです。

たびらいレンタカー予約 事業部 事業部長前川慎光さん「レンタカーじゃないと、いけない場所ってたくさんあると思うんで。」「そういう沖縄でドライブするところの不安、やっぱり安心安全にすると不安をどうにか払拭したい。」

交通ルールを守って沖縄旅行を楽しんでほしい

動画を公開したIku老師さんは「海外でレンタカーを借りて自由気ままに旅行するのは楽しいが事故を起こしてしまい。交通ルールを “知らなかった” ではすまされない。この動画で台湾の人がレンタカーを借りる前に予習し、交通ルールを守って沖縄旅行を楽しんでほしい。」と話していました。

観光立県沖縄ですから、沖縄に来る前の情報として、このような取り組みは大切ですね。