沖縄戦の際、地元住民が集団自決に追い込まれた読谷村のチビチリガマで、6月19日、大阪府の盲学校の生徒が平和学習を行いました。

19日、修学旅行の平和学習で読谷村のチビチリガマを訪れたのは、大阪府立大阪南視覚支援学校の生徒4人です。

ガイドから沖縄戦についてや、チビチリガマで起こった出来事について説明を受け、ガマの中では折り鶴を手向けた後、岩を触り、ガマの様子を感じ取っていました。