めざせ甲子園!きょうは辺土名高校です。部員はわずか3人。それでも諦めずにここまでやってこられたのには春の経験と、この3人だからこその思いがありました。

県立辺土名高校の広いグラウンド。5月上旬のこの日、ランニングをしている選手は3人。これが辺土名高校野球部の全部員だ。入学時には同級生が6人いたが、ここまで野球を続けた来たのは上地明斗・金城尚輝・伊波興真の3人のみ。

練習の準備も、片付けもすべて自分たちで行う。時間もかかり、なかなか思うような練習ができない日もあったがそれでも3人は諦めずに続けてきた。

高良耕平監督「本来はもっと大勢の中で一生懸命騒ぎながら練習したいと思うんですけど、この現状の中で一生懸命頑張っていると思います。」

金城尚輝選手「3人が野球を好きというのが一番だと思います。それがあるので続けてこられたと思います。」

3人が野球を好きというのが一番だと思います。それがあるので続けてこられたと思います。

そんな辺土名野球部の部室には、サイズ別のスパイクが並んでいる。部室にて金城尚輝選手「経験がない人でも野球がやりたい人が来た時のためって感じですね。こうしておけば買わなくてお金とか抑えられるかなぁ。」

いつでもスパイクを貸せるようにして一緒に野球をしてくれる仲間を待っているのだ。そんな懸命な彼らの姿を見てこの夏は1年生が1人、そして学校の野球経験のある生徒が協力してくれることになり部員は7人に。さらに名護高校から選手を借りて、合わせて10人で大会に出場する。このレンタル制度は、部員5人以上のチームであれば合計10人になるまでは他校から選手を借りられるものだ。急造チームでの出場にはなるがそれでも3人には春に培った夏への思いがある。

この春、辺土名は同じ部員不足に悩む開邦・南部農林・真和志とともに大会史上最多の4校連合チームを組んだ。

金城尚輝選手「楽しかったです。久々にあんな人数で練習もできて、試合も出られて、周りとも仲良くなれて。」

試合にこそ敗れたが、同じように人数が少ない環境で頑張っている仲間と野球ができた時間は、かけがえのない財産に。そして各チームが夏への思いを新たにした。 

南部農林 大城優一朗選手「最後までやれて本当に良かったです。」開邦 清水達仁選手「この経験を生かしてそれぞれみんな夏に向けて切磋琢磨して頑張っていきましょう。」連合チームでの春が終わり、再び3人に戻った辺土名の選手たちも春の前とは気持ちが変わっていた。

上地明斗主将「みんなも自分たちと同じような感じで(環境で)頑張っているんだなって。」伊波興真選手「(連合の)メンバーに対してここまで成長したんだぞという気持ちで練習しています。」

そして何よりこの3人だからこそここまで頑張ってこられた理由があった。伊波興真選手「中学校の時から野球を続けてきた仲間なので。」3人は大宜味中学校からともに野球をしてきた仲間なのだ。

中学校の時から野球を続けてきた仲間なので。

部室にて3人揃って。金城尚輝選手「一緒に支え合うことができる2人です。」伊波興真選手「厳しい練習を乗り越えてきた仲間。」上地明斗主将「一緒にいられて自分も成長しながら周りも一緒に成長できる仲間だと思っています。」苦しい思いも、野球の楽しさも分かち合ってきた3人だからこそ、ここまでやって来られた!最後の夏、思いはひとつだ!

伊波興真選手「笑顔で試合に臨めたら良いなと思っています。」金城尚輝選手「笑って終われるよう最後の夏にしたいです。」上地明斗主将「3人で3年間やってきたので勝っても負けても最後は笑って終われるような夏にしたいです。」

頑張るぞ!おう!

「頑張るぞ!おう!」

めざせ甲子園、来週月曜日は沖縄カトリック高校です。