2019年3月14日 11時58分

架空請求詐欺 電子マネー購入させ100万円被害

サイト使用料金の未納があると嘘のメールを送りつけ、総額100万円をだまし取る架空請求詐欺が発生し、警察では注意を呼びかけています。

警察によりますと、3月7日、浦添市に住む40代の男性のスマートフォンに、「サイト利用料の未払いがある。返信しなければ裁判に移行する」などと嘘のメールがありました。

男性はこのメールにあった番号に電話し、指示された通り浦添市と沖縄市のコンビニエンスストアで、電子マネーカード、総額100万円分を購入し使用番号を伝えたということです。

警察では、このようなメールや電話による請求は詐欺だとして、不審に思った時は警察や周囲の人に相談してほしいと注意を呼び掛けています。

qablog-mono.pngCopyright © QAB. Ryukyu Asahi Broadcasting Corporation. All rights reserved.
  No reproduction or republication without written permission.