コカ・コーラ社員がビーチ清掃

日本コカ・コーラと沖縄コカ・コーラの役員や社員、約370人が県内の海岸を清掃しました。

日本コカ・コーラなどは廃棄物ゼロ社会に向けた取り組みとして、ペットボトルの回収やリサイクルを促進していて、その一環で全国各地の海岸や河川で清掃ボランティアを行っています。

11日は、県内3カ所の海岸などでの清掃に過去最大規模となる約370人が参加し、このうち名護市の宇茂佐海岸の清掃には日本コカ・コーラのホルヘ社長なども参加しました。

ホルヘ社長は「この清掃活動で、沖縄の海を守ることに少しでも貢献できれば」と話していました。