知事選 独自の政策訴える3候補

9月の県知事選挙への出馬表明が相次ぎました。

山口節生さんは政治団体「アメリカ資本主義と中国共産主義の和解」の代表で、アメリカのトランプ大統領と北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長の和解を主な政策に掲げています。辺野古新基地は造らせないとする立場です。

また無所属での出馬を表明したみなみ俊輔さんは、北朝鮮のミサイルの脅威から国民を守る「安全面の拡充」を訴えています。辺野古新基地建設については告示日までに精査し態度を明らかにする方針です。

また、元那覇市議で料理研究家の渡口初美さんは、すべての県民に消費税を30%課税するかわりに県民1人あたり月額30万円を支給する経済政策を訴えています。辺野古新基地については知事になってから態度を明らかにするとしています。