国民年金基金の加入が銀行でも可能に 国民年金基金の加入手続きが、10月から県内の銀行3行でもできるようになります。 7月3日浦添市であった国民年金基金の業務締結・交付式では、琉球銀行、沖縄銀行、沖縄海邦銀行の3行に、県国民年金基金から契約書が手渡されました。 国民年金基金の加入手続きはこれまで、信託会社や生命保険会社でしかできませんでしたが、今回の業務委託契約によって、県内の銀行3行でも加入手続きを行うことができるようになります。 県国民年金基金では「地域にある銀行で気軽に加入できるようになる」とし、高まる利便性を強調しました。銀行3行での国民年金基金の加入受付は、10月1日からです。